コーヒー

コーヒー豆の人気の種類は何?厳選5種類を美味しさや鮮度によってご紹介

Pocket

こんにちは。

喫茶店オーナーのグレコです。

今日は実際に喫茶店を営む私がコーヒー豆の人気の5種類をご紹介していきます。

コーヒーの美味しさは鮮度にもこだわってほしいので、その理由などもぜひ知ってください。

私はコーヒー豆を自家焙煎して喫茶店を経営していますが、当店で販売しているコーヒー豆の中から人気の種類5つをご紹介します。

どんなに美味しいコーヒーの淹れ方を教わっても、自分で淹れてみるといまいちだった経験はありませんか?

それは理由があります。

美味しいコーヒーを淹れるために重要なことは、ご自身の好みの味のコーヒー豆の種類に出会うことと、コーヒー豆の鮮度です。

今日はコーヒー好きの方に、当店のコーヒー豆の人気の種類5つの紹介と、コーヒーの美味しさは鮮度にもこだわってほしい理由をお伝えします。

 

当店のコーヒー豆の人気の種類はこの5つです!

コーヒー豆の人気の種類はこの5つです!美味しさは鮮度にこだわって!

コーヒー豆の焙煎は、ロースター(焙煎士)によって違いがあります。

ですから同じ豆でもお店によって味が違います。

また鮮度によっても味が変わってくるし、気温や湿度によっても微妙に変わります。

コーヒー豆はそれほど繊細な生鮮食品です。

だから面白い。

だからこだわる。

妥協しないコーヒー豆の焙煎をしている当店の豆を、ランキングでご紹介します。

 

5位 エチオピア・シダモ・G4

酸味の代表的な存在のエチオピア。

フルーティな甘い香りと柔らかな酸味とコクが特徴です。

酸味好きにはたまらない味です。

酸味の特徴を生かすように、浅めな焙煎にしています。

 

4位 マンデリン・G1

なめらかな苦みと深いコクが特徴のマンデリン。

当店の苦み系でコクのあるコーヒーはマンデリンだけです。

「にっがいコーヒー飲みたいんだけど」という方にはマンデリンをおススメします。

どんよりした梅雨の季節におススメしたいコーヒーです。

コクを際立たせるように、深い焙煎にしています。

 

3位 ぐれのハッピーブレンド

コーヒーはストレートの豆をそのまま味わうのも楽しみの一つですが、ブレンドのように色んな豆を混ぜて、新しい味に出逢うのも楽しみの一つです。

お店ごとのブレンドも店独自の味を味わうのも面白いですね。

当店のブレンドは、まずネーミングから考えました。

当店へコーヒーを飲みに来てくれた方に、ハッピーな1日を過ごしてほしいという思いを込めてネーミングしました。

狙い通り、「ハッピーになりたいからハッピーブレンドちょうだい」と注文される方がいらっしゃいます。

ぐれのハッピーブレンドは、コロンビアとグァテマラをベースに、エチオピア、タンザニア、ブラジルの5種類をブレンドしています。

初めに苦み、後から酸味を感じるように作りました。

 

2位 グァテマラ・ラ・ボルサ

甘い香りとすっきりした酸味、さわやかな後味のグァテマラ。

なんとなく上品な味に仕上がっています。

苦みと香りを楽しみたいという方におススメしています。

グァテマラファンは浮気をせず、毎回グァテマラの豆を購入します。

一度はまると沼に入っちゃうようです(笑)

 

1位 コロンビア・スプレモ

コーヒー豆の人気の種類は何?厳選5種類を美味しさや鮮度によってご紹介

甘い香りとしっかりした酸味とコク、重厚な風味のコロンビア。

開店当初から一押しのコーヒーとして売り出してきました!

香りが特徴で、酸味と苦みのバランスがとれてて、失敗しないコーヒーです。

「お友達にプレゼントしたい」と言われたときは、迷わずコロンビアをおススメします。

こちらもコーヒー豆を買われる方からは、グァテマラ以上に支持を得てまして、リピート率95%くらいです。

お店で飲んでいかれる方も、ただ「コーヒーください」ではなく、コロンビアを指定する方が多いです。

迷ったらコロンビアで!

 

コーヒーの美味しさは種類だけでなく鮮度にもこだわって!

コーヒー豆の人気の種類は何?厳選5種類を美味しさや鮮度によってご紹介

お気に入りのコーヒー豆と出会って、お家でコーヒーを淹れて飲んでみたら、思うような味じゃなかった、美味しくないかも、いやな酸味が…なんて経験ないですか?

同じコーヒー豆でも、焙煎日からどれくらい経過したかで大幅に味は変わってきます。

豆のままで保存か、挽いてしまって粉の状態で保存かでも、経過した日にちが同じでも劣化の度合いが違います。

 

とっても美味しいと感じるコーヒー豆の鮮度は焙煎日から1か月くらいまで

コーヒー豆は焙煎したその日に飲むと、青臭い若い味がしていまいちな味です。

焙煎した直後からガスが発生してきて徐々に美味しくなっていきます。

焙煎日から3日後~2週間くらいが、香り高く美味しく飲める期間です。

豆のままの保存の場合、焙煎日から1か月は美味しさを保てます。

豆を挽いてしまって粉の状態で保存は、挽いたところから劣化が始まるので、すぐに飲める量を購入することをおススメします。

焙煎日が明記されていないお店がほとんどですが、自家焙煎のお店で購入するときは、お店の方に焙煎日を聞いてください。

スーパーなどの場合はあきらめるしかありません。

ネットの場合は焙煎日を明記しているところから買いましょう!

ついでにベストな保存方法を教えちゃいます。

コーヒー豆の保存は常温がベスト。

長くとっておきたい場合は、ジップロックのような保存袋に2重に入れて冷凍保存してください。

2重にする理由は、コーヒー豆が冷凍庫のにおいを吸ってしまうからです。

使うときは常温に戻してから使ってくださいね。

 

その嫌な酸味焙煎日から日にちが経ってないですか?

美味しいフルーティな酸味系のコーヒー豆の種類があるのに、酸味がダメなんですよという方が多いです。

ほとんどのコーヒー豆は、少なからず酸味を感じます。

本当の酸味の味は美味しいんです。

焙煎から結構日にちが経ってしまったコーヒーは、嫌な酸味を感じます。

この嫌な酸味の味を、酸味系のコーヒーの味と勘違いしている方本当に多いです。

もったいないです。

本物の酸味を味わってほしいです。

 

コーヒー豆の人気の種類は何?厳選5種類を美味しさや鮮度によってご紹介:まとめ

コーヒー豆の人気の種類は何?厳選5種類を美味しさや鮮度によってご紹介

コーヒー好きな方へコーヒーを美味しく飲んでいただくために、コーヒー豆の人気の種類を5つと、コーヒー豆の種類だけでなく鮮度にもこだわってほしい理由をご紹介しました。

1位 コロンビア・スプレモ
2位 グァテマラ・ラ・ボルサ
3位 ぐれのハッピーブレンド
4位 マンデリン・G1
5位 エチオピア・シダモ・G4

ランキングの中で、まだお試しになっていないコーヒー豆の種類がありましたら、試してみてください。

当店のブレンドが気になる方は、通販でお売りできますのでコメントください。

コーヒーを美味しく飲むためには、鮮度にもこだわってほしいです。

コーヒー豆を購入するときは、焙煎日を気にしてください。

鮮度にこだわっている自家焙煎のお店は、必ず焙煎日を明記しています。

2週間で飲み切るぐらいの量をこまめに買うのが理想の買い方です。

ぜひご自宅の近くで、お気に入りの自家焙煎のコーヒー屋さんを見つけてください。

コーヒー豆の人気の種類を5つと、美味しく飲むには豆の種類だけでなく鮮度にもこだわってほしい理由をご紹介しました。

コーヒー好きの方のおうちカフェが、満足のいくものになりますように。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。